2016
08.02

婚約指輪は0.3ctのダイヤの指輪。

結婚指輪にはメレダイヤ入り。

多くの女性に人気の指輪の選び方ですね。

しかし、母親の結婚指輪には石が入っていない、という女性も多いのではないでしょうか。

ひと昔前の結婚指輪の主流は、石の無いシンプルなデザインが人気でした。

しかし、最近はダイヤのついた結婚指輪が人気ですね。

実は、昔の技術では結婚指輪に入っているような小さなダイヤをとめることが難しかったのですが、近年は技術の発展とともに簡単に小さいダイヤをとめることができるようになりました。

そのような背景もあり、近年は結婚指輪のもダイヤが入っているものが多くあります。

しかし、結婚指輪にダイヤが入っていると困るシーンもあります。

まず、購入するときは男性と女性の間でデザインが同じではないのでおそろい感が減ってしまうということや、夫婦間で金額に差が出てしまう場合もあります。

日常生活でセーターやタオルにひっかかる、子供ができたら傷を与えてしまうのではないか…という不安があったりもします。

考えられるデメリットを解消できるような選び方ができると良いですね。

金額は男性の指輪のほうがプラチナの量が多いため、そこで価格を調整できるお店を選ぶ、素材で選ぶなど工夫ができると良いですね。

●関連リンク→(URL:http://www.mint.go.jp/operations/exam/operations_certification-01.html

事前にデメリットを考えておくと、それを解消できるデザインを選ぶことも可能!

最近はダイヤ入りの結婚指輪が人気なので、ぜひ検討してみては?

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.